質の良い天然石・パワーストーンを低価格でご提供!!当店は浄化にゼロ磁場の湧き水を使用しています!!


天然石・パワーストーンの石霊-いしだま-浄化にゼロ磁場の湧き水を使用してます

営業時間
商品検索
商品カテゴリ
浄化用アイテム
いしだまオリジナル
条件で探す
石の種類で探す

チャクラについて

チャクラについて

現在の科学ではパワーストーンを含め、解明されていない不思議な現象や事柄が沢山あります。実は私達の体にも現在の医学をもっても解明されていない部位が存在します。
「チャクラ」や「ナーディ」、「プラーナ」や「オーラ」や「魂」など、どんなに古くより伝えられているものでも、また、どんなに結果を生んでいても現在の科学では解明されていないものばかりです。それでも少しずつではありますが、スピリチュアルな治療方法がどんどん医療現場に取り入れられています。
かつて信じてもらえなかった地動説が、後に真実だったと証明されたように、肉眼では見えない事柄や体の部位も今後どんどん解明されていくことでしょう。ここでは紀元前から伝承されている「チャクラ」や「ナーディ」についてお話をします。


>>オーラのお話はこちら

ナーディとは

「ナーディ」とは人体に72,000本張り巡らされていると言われている、肉眼では見えない”管”のことで、”プラーナ”の通り道になっています。沢山のナーディの中でもスシュムナー、イダー、ピンガラーの3本は特に重要視されています。

プラーナ、スシュムナー、イダー、ピンガラーとは

プラーナとは

プラーナとは宇宙中、もちろん私達の周りにも無数に存在している、肉眼では見ることのできないエネルギーです。命の源、活力の源、氣、生命エネルギー、宇宙エネルギーなどと呼ばれることもあり、生命を持つ者には必要不可欠な存在です。
私達はチャクラという器官を使ってこのプラーナを体内(エネルギー体を含む)に取り入れています。チャクラやナーディに不調があると上手くプラーナを取り入れられなくなったり、体中にプラーナを供給することができなくなります。プラーナを上手く取り入れられないとオーラへエネルギーを供給できなくなり、心身の不調が現れるばかりか”運”にも不調が現れます。

スシュムナー/イダー/ピンガラ

スシュムナーとは

スシュムナーとは人体の中央を第1チャクラ(股間)から第7チャクラ(頭頂)に貫くナーディ。脊椎(背骨)に沿って存在しているとも言われています。ここで紹介する7つのチャクラは全てこのスシュムナーから伸びて出ています。


イダーとは

イダーはスシュムナーを中心に、第1チャクラからピンガラーと交差を繰り返しながら左の鼻腔へ流れ、第6チャクラ(眉間)でスシュムナーとピンガラーに合流し、第7チャクラ(頭頂)に貫くナーディ。「月」のエネルギーを持ち、感情の沈静化・リラックス・副交感神経に関係しています。


ピンガラーとは

ピンガラーはスシュムナーを中心に、第1チャクラからイダーと交差を繰り返しながら右の鼻腔へ流れ、第6チャクラでスシュムナーとイダーに合流し、第7チャクラ(頭頂)に貫くナーディ。「太陽」のエネルギーを持ち、感情の活性化・興奮・交感神経に関係しています。

チャクラとは

文献によって大きく異なりますが、私達人間の肉体には全身に数百、または数万もの「チャクラ」が存在しているとされています。 「チャクラ」とは、私達の身体に存在している、肉眼では見えないエネルギーセンターのことを指し、サンスクリット語で円、円盤、車輪、渦を意味しています。

体外には無数のプラーナが存在しており、チャクラは回転しながらプラーナを取り入れ、利用可能なエネルギーに変換しています。変換されたエネルギーはナーディという管を通って体中に行き渡ります。チャクラはスシュムナーから伸び、お腹側と背中側、対になって存在しています。正常なチャクラは常に回転しており、お腹側のチャクラと背中側のチャクラでは回転方向が逆向きになります。

チャクラ図サイド

図ではチャクラの形状をラッパのような形で表していますが、ある記述では各チャクラ位置から”蜂の巣の形をしたナーディの束のようなもの”が出ており(ナーディの本数はチャクラによって異なります)、そのナーディ1本1本が回転をしながらプラーナを吸い込むことで、周辺のプラーナがナーディを包み込みながら螺旋を描いて吸収されている姿がラッパのような形に見えているもの。ようは、ラッパのように見えているのはプラーナの竜巻のようなものだとされています。ナーディの本数はチャクラの花弁数と同様とされる文献も多くあります。この説で考えますとチャクラとはナーディの束ということになります。

各チャクラの花弁と同じ数の”回転する小さな渦”が集合して、竜巻のような形の”大きな渦”ができている・・・といった想像をされるとわかりやすいかと思います。

また、チャクラは私達生命体が体に纏っている「オーラ」にも存在しています。ここではオーラの説明は省きますが、オーラに存在しているチャクラもとても重要な役割のチャクラといわれています。


>>オーラの説明はこちら

チャクラとパワーストーン

チャクラとパワーストーン

パワーストーンは絶えず振動しています。「色」もまた振動しています。チャクラも回転しているため振動していることがわかります。チャクラを浄化、または活性化するために「色」が活用されますが、プロのヒーラーはパワーストーンを使用する方がとても多いです。なぜでしょうか?
実はパワーストーンの振動(波動)に私達の体は反応し、共鳴して同調するため、私達の本来持っている力(健康になる力、運、潜在能力など)を引き出してくれるという特性があり、更に各チャクラに対応している色を持つパワーストーンを使用することで効率よくチャクラを活性できるのです。

また、水晶は全てのチャクラに対応されているとされています。水晶には右回転の水晶(右水晶)と左回転(左水晶)があり、お腹側のチャクラには右水晶、背中側のチャクラには左水晶を用いることで効率よくチャクラを調整することが可能とされています。右水晶や左水晶を用いる際に各チャクラの対応している色を持つパワーストーンを併用することで色の波長とパワーストーンの振動が共鳴し、チャクラ調整を早めることが可能になります。


>>色のお話はこちら

>>エアリースパイラルクォーツ(右水晶・左水晶)のお話はこちら

チャクラの活性・不活性・過剰な活性

「チャクラが開いている」という記述をよく見かけますが、「開いている」という言葉は「正常に働いている」ことを示す言葉になります。その逆で「閉じている」は正常に機能していないチャクラを示す言葉になりますが、通常、チャクラは閉じたり開いたり、または出たり引っ込んだりしながら回転しているものとされ、完全に閉じているチャクラを持っている人は存在しないようです。

  • ☞正常に活性(開いている)・・・バランスの取れた大きさに開いている、正常な速度で回転している
  • ☞過剰な活性(開き過ぎている)・・・他のチャクラに比べて大き過ぎる、回転速度が速過ぎる
  • ☞不活性(閉じてている)・・・形が変形している、汚れている、他のチャクラに比べて小さ過ぎる、回転速度が遅過ぎる

・・・など、肉眼では見えないチャクラですが、このように分けられているとされています。

チャクラ活性化に関しての注意・コツ

チャクラは全てのバランスがとれた状態でなければいけません。ヒーリングをするならば必ず第1チャクラから順番に!順番と飛ばしてヒーリングをすると不調があらわれることがあります。
また、バランスが取れていない(一部だけ活性化、一部だけ肥大、一部だけ回転しているなど)状態でも不調があらわれることになります。とくに精神性を司るチャクラ(第6、第7チャクラ)だけが活性している場合は精神破壊、霊障などに悩まされる可能性が高くなります。
第1チャクラが活性しなければ、第2チャクラが完全活性せず、第2チャクラが活性しなければ、第3チャクラが完全活性しないため、まずは土台(第1チャクラ)からしっかりと活性させましょう。
また、スシュムナー、イダー、ピンガラーが詰まっているとエネルギーの流れが悪いため、せっかくチャクラを治療してもすぐに不調な状態に戻ってしまいます。

  • ☞第1チャクラをヒーリング→第1チャクラと第2チャクラをヒーリング→第2チャクラをヒーリング→第2チャクラと第3チャクラをヒーリング・・・
  • ☞第1チャクラをヒーリング→第1チャクラと第2チャクラをヒーリング→第1チャクラと第3チャクラをヒーリング→第1チャクラと第4チャクラをヒーリング・・・

・・・のように、チャクラとチャクラの間にあるナーディも癒していきましょう。

チャクラの状態を調べる方法

チャクラとペンデュラム

下に記載するの「7つのチャクラ」内の各チャクラの表に「不活性な人、活性している人、過剰活性している人」という項目があり、その内容に該当することでそのチャクラの状態がおわかりになると思います。
また、直接活性状態を調べる場合にはペンデュラムを用いて調べることも可能です。各チャクラやナーディに意識を向け(上の図の気になる箇所に指を差すのも有効)、ペンデュラムに「正常に機能しているか」と問うことでペンデュラムが答えてくれます。各オーラのチャクラを調べたいときも、知りたいオーラ層に意識を向け、そのオーラ層の知りたいチャクラを頭に浮かべて問うことでペンデュラムに聞き出すことができます。


>>オーラのお話はこちら

>>ペンデュラム(商品)はこちら

>>ペンデュラムを使ったダウジング方法はこちら

7つのチャクラ

ここでは7つのメインチャクラを紹介します。教える人によっては天から数える場合もあるようですが、3本ナーディは上へ上昇していることから、このコーナーでは地から数えることを基準としてお話します。

下の図右側の各チャクラの名称からそれぞれの説明に移動できます。

チャクラ正面並び図 第7チャクラ/サハスラーラ
第6チャクラ/アージュニャー・チャクラ
第5チャクラ/ヴィシュッダ・チャクラ
第4チャクラ/アナーハタ・チャクラ
第3チャクラ/マニプーラ・チャクラ
第2チャクラ/スワーディシュターナ・チャクラ
第1チャクラ/ムーラーダーラ・チャクラ

また、チャクラの名前、位置、個数、対応している色、役割などは諸説あります。どれが正しいというものはないため、ここでは一説としてご紹介しております。しっくりくる説が自身の体に合っているものと思われますので、チャクラに関するお気に入りの書籍や信頼をおいている方から学ばれている場合はそちらの情報を大切になさってください。

mūlādhāra-cakra 第1チャクラ(ムーラーダーラ・チャクラ)

肛門と性器の間辺りにあり、生命や生存本能、肉体を司る他、精神の基礎、感情の基礎、これらを含めて人生の基盤となり根っことなる重要なチャクラです。ここが活性していないと他のチャクラは完全活性しません。生きるための衣食住、また生きていくためのお金などもこのチャクラの活性が必要となります。簡単に説明すると「生存する為の基本的な欲求を満たす」チャクラであり、「生まれ持った聖なる使命を果たすまで生きる」ために存在するチャクラになります。

ムーラダーラ(第1チャクラ)は少し特別なチャクラで、このムーラダーラの中には蛇がとぐろを巻いて眠っています。この蛇を「クンダリーニ(螺旋を有するもの)」と呼び、クンダリーニが目覚めるとヒンドゥ教の最高神であるシヴァ神の妃「女神デヴィ」の姿となり、夫のシヴァ神が住むサハスラーラ(第7チャクラ)までスシュムナーを一気に駆け上がってシヴァ神と合体します。これを『クンダリーニシャクティ』と呼びます。「シャクティ」とはサンスクリット語で「力・能力・エネルギー」を意味します。クンダリーニシャクティが起こることで肉体を持ちながら高次の力を得るとされています。

クンダリーニシャクティを起こすには全ての土台であるムーラダーラから順にしっかりと活性させ、女神デヴィの通り道であるスシュムナーの経路も浄化した上で覚醒させなければ精神疾患などに陥る可能性があるものとされています。
また、スシュムナー内には「グランティ(結節)」と呼ばれるエネルギーブロックが3つ存在するとされ、このブロックがある状態でクンダリーニシャクティを起こすのは非常に危険、またはクンダリーニシャクティは起こらないとされています。グランティは第1〜第2チャクラの間のブラマ・グランティ、第4〜第5チャクラの間にあるヴィシュヌ・グランティ、第6〜第7チャクラの間にあるルドラ・グランティがあり、この3つのグランティを破壊することで安全にクンダリーニシャクティを起こす下地ができるといわれています。


活性の仕方・・・身の回りの掃除、整理整頓、やらなければいけないことを後回しにせず今やる、大地と繋がる(触れ合う)、グラウンディング、第1チャクラに対応しているマントラを唱える。対応しているソルフェジオ周波数を流す。対応している色の天然石(ガーネット・モスコバイトなど)をチャクラ部位に置く。

また、チャクラは回転しているため、お腹側にはエアリースパイラルクォーツの右水晶を、背中側には左水晶を置くのも有効的です(水晶は全てのチャクラに対応します)。


>>エアリースパイラルクォーツ(商品)はこちら

>>対応している色の天然石(商品)はこちら


意味 根を支えるもの
別名 ベースチャクラ、ルートチャクラ
位置 性器と肛門の間辺り
花弁数 4枚
回転速度 遅い
マントラ Lam(ラム)
音階
赤、黒っぽい赤、赤茶色
活性に効果的なパワーストーン 赤、黒っぽい赤、赤茶色系のパワーストーン
活性に効果的なソルフェジオ周波数 396Hz、194.18Hz、228Hz、456Hz、912Hz
肉体 骨格、骨、血液、免疫系、免疫システム、直腸、足、肛門
キーワード 生命力、本能、生存、パワー、情熱、健康、人生の土台、現実への対応能力、肉体的な活動、自制心、大地、基本、、根っこ、生命の源、グラウンディング(地に足を付ける)、安定、自信、バイタリティ、安心感、衣食住
不活性な人 情緒に豊かさがない。自尊心が低い。自滅的な行為。恐れる。心配症。不安症。豊かさを得る資格が無いと思い込む。疑心暗鬼。孤独感。自分を無能、無力、無価値な存在と思い込む。衣食住に関するお金の心配や不安。
活性している人 克己心がある。高い肉体的エネルギー。地に足がついている状態。健康。ぶれない。芯のある人間。へこたれない。安心感。満足感。自分を信じる。自分の人生を信じる。生きるための必要なものが足りている、または必要な時に必要なだけ手に入れられる確信がある。
過剰活性している人 いじめる。実質主義に傾く。図々しくなる。自分優先。周囲に敵意を持つ。奪う。与えることなく与えられることに重点を置く。強欲。自己中心的。肉体を酷使する。安物買いの銭失い。必要以上の買い溜め。

>>7つのチャクラTOPに戻る

svādhişţhāna-cakra 第2チャクラ(スワーディシュターナ・チャクラ)

仙骨中央辺りにあり、楽しさ、嬉しさ、生きる喜びなど、生命力となる感情の基盤となるチャクラです。自分を楽しませるためのお金や生殖器に関する事柄にも関係しています。自分の存在価値を知り、人生を創造する重要なチャクラになります。
楽しむことや、お金を受け取ること、性に関して罪悪感や抵抗があったり、逆に性的欲求や物質的欲求、金銭欲などが強い場合はこのチャクラが正常に働いていない可能性があります。


活性の仕方・・・第1チャクラを活性化させる、小さなことでもいいので出来る範囲の贅沢をしてみる、喜びを素直に楽しむ、やりたいと思っていたことにチャレンジする。第2チャクラに対応しているマントラを唱える。対応しているソルフェジオ周波数を流す。対応している色の天然石(サードオニキス・サンストーンなど)をチャクラ部位に置く。

また、チャクラは回転しているため、お腹側にはエアリースパイラルクォーツの右水晶を、背中側には左水晶を置くのも有効的です(水晶は全てのチャクラに対応します)。


>>エアリースパイラルクォーツ(商品)はこちら

>>対応している色の天然石(商品)はこちら


意味 自らの住処
別名 セイクラルチャクラ
位置 おへそから指2〜3本ほど下
花弁数 6枚
回転速度 第1チャクラより速い
マントラ Vam(ヴァム)
音階
橙色、朱色
活性に効果的なパワーストーン オレンジ色、朱色系のパワーストーン
活性に効果的なソルフェジオ周波数 417Hz、210.42Hz、303Hz、606Hz、1212Hz
肉体 膀胱、大腸、盲腸、回腸、前立腺、骨盤、子宮、腸の下部、循環器系
キーワード 感受性、情緒のバランス、物欲、性、マイナスな状況からの回復、変容の促進、性的感情や感性、生きる喜び、勇気、自信、劣等感、怒り、物や人への執着、忍耐力、感情表現、創造性、好き嫌いなどの感受性、信頼、創造性、自己愛、個人的
不活性な人 過敏。自分に厳しい。自分を認められない。自分を信頼できない。わけもなく罪悪感を感じる。喜ぶ、嬉しい、楽しいことを選択できなくなる。ちょっとした贅沢にも罪悪感。趣味や自己投資など楽しむためのお金が不足。自分のやりたいことがわからない。不感症または性的不能。
活性している人 自他ともに信頼できる。表情豊か。自分の気持ちに素直。創造的。人生への情熱。人生を楽しむ。日常生活の中にも喜びを見つける。喜びを依存することなく純粋に受け入れる。趣味や自己投資など、楽しみに対するお金を必要なだけ使える。
過剰活性している人 情緒不安定。夢想家。嫉妬心が強い。他者を操る。性におぼれる。他者を性やお金の対象で見る。

>>7つのチャクラTOPに戻る

maņipūra-cakra 第3チャクラ(マニプーラ・チャクラ)

みぞおちとおへその間辺りにあり、自分らしさや、自分の持っている魅力や能力に気づいて認めるなど、自己を確立し、意思や主権に関係しているチャクラです。他者との違いを知り、その違いを認めて受け入れることができます。このチャクラを活性し、自分の意志がはっきりと確立されることで、生きたいように生きることができ、夢を実現させる近道になります。簡単に説明すると「自らの意思で人生の舵を取る」チャクラであり、「責任能力(他人に流されない、他人のせいにしない)」に関係するチャクラです。


活性の仕方・・・第1〜第2チャクラまでのバランスを整える、自分の望みを全て書き出し実行する、自分の出来ること出来ないことや強みや弱い部分を見つけて認める、自分のマイナス部分の改善策を考える。第3チャクラに対応しているマントラを唱える。対応しているソルフェジオ周波数を流す。対応している色の天然石(シトリン・虎目石(タイガーアイ)など)をチャクラ部位に置く。

また、チャクラは回転しているため、お腹側にはエアリースパイラルクォーツの右水晶を、背中側には左水晶を置くのも有効的です(水晶は全てのチャクラに対応します)。


>>エアリースパイラルクォーツ(商品)はこちら

>>対応している色の天然石(商品)はこちら


意味 自らの住処
別名 ソーラープレクサスチャクラ
位置 みぞおちとおへその中間、太陽神経叢(腹腔神経叢)
花弁数 10枚
回転速度 第2チャクラより速い
マントラ Ram(ラム)
音階
黄色
活性に効果的なパワーストーン 黄色系のパワーストーン
活性に効果的なソルフェジオ周波数 528Hz、126.22Hz、182Hz、364Hz、728Hz
肉体 胃・肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・消化器、空腸、十二指腸、腎臓、副腎
キーワード 理性、個性、自我、不安、自信、理想への変換、不安感、孤独感、無責任、わがまま、欲張り、創造性、感動、達成感、自尊心、陽気、人間関係、富貴、意志、尊厳、力、信頼、理性、社会的
不活性な人 他人の考えを意識しすぎる。一人になるのを恐れる。不安。常に安心を求める。自分の主権が弱い。受け身。無気力。無関心。何でも人のせい。被害者意識。他人の目や意見を意識し過ぎる。他者の意見に流される。意志が弱い。
活性している人 自己と他人を尊ぶ。他者との違いを認識し認める。個人の力を持つ。自発的。束縛されない。自分の主権のバランスが取れる。自己責任(他人まかせや、他人のせいにしない)。
過剰活性している人 怒り。支配的。自分の考え以外は認めていない。仕事中毒。高慢で意見を押し付ける。自分の関心事が一番。頑固。独断的。無神経。排他的。暴虐的。責任を他者に押し付ける。わがまま。欲張り。

>>7つのチャクラTOPに戻る

anāhata-cakra 第4チャクラ(アナーハタ・チャクラ)

胸の中央辺りにあり、「愛」に関わる重要なチャクラです。恋愛の愛だけではなく「愛」全ての基盤となっているチャクラになります。他者・自己に関係なく、自己愛も、家族愛も、恋愛も、愛を与えるのも、愛を受け取るのも、愛を感じるのも、許しの心も、思いやりの心も、気づかいも、共感するのも、私達が常に必要とし、必要とされている愛が関係しています。とくに私達人間は自身を認め、愛し、許すことを苦手としています。このチャクラを正常に活性させることで自身を心から愛し、自然と他者への愛が溢れてくることになります。


活性の仕方・・・第1〜第3チャクラまでのバランスを整える、好きな動物に触れる、感動する映画などを観る、自分の心や体に感謝の気持ちを伝えて抱きしめてみる、憎しみや恨みの心は自分を苦しめるだけだと認めて許す心を持つ。第4チャクラに対応しているマントラを唱える。対応しているソルフェジオ周波数を流す。対応している色の天然石(アベンチュリン・ユナカイト・セラフィナイトなど)をチャクラ部位に置く。

また、チャクラは回転しているため、お腹側にはエアリースパイラルクォーツの右水晶を、背中側には左水晶を置くのも有効的です(水晶は全てのチャクラに対応します)。


>>エアリースパイラルクォーツ(商品)はこちら

>>対応している色の天然石(商品)はこちら


意味 二物が触れ合うことなくして発せられる神秘的な音
別名 ハートチャクラ
位置 胸の中央。心臓付近
花弁数 12枚
回転速度 第3チャクラより速い
マントラ Yam(ヤム)
音階 ファ
黄緑色、緑色、またはピンク色
活性に効果的なパワーストーン 黄緑、緑色系、またはピンク色のパワーストーン
活性に効果的なソルフェジオ周波数 639Hz、136.10Hz、128Hz、256Hz、512Hz
肉体 心臓、肺、胸郭、気管支、循環器系
キーワード 愛、喜怒哀楽の感情、信頼、慈愛、希望、人とのつながり、関係の修復、無条件の愛、エゴの超越、人間関係、許し、受容、共感、思いやり、シンクロニシティ―、理解、友情、広い視野
不活性な人 拒絶を恐れる。愛しすぎる。自分は愛される価値が無いと思い込む。自己憐憫。他人と距離を置く(深く関わりたくない)。感情を抑え過ぎる。批判的。疑い深い。慎重。
活性している人 無条件の愛。育み。愛の行為に魂の経験を望む。思いやり。自分を世の中の一部と認識できる。あらゆるものとの繋がりを感じる。自分を信頼。他人を信頼。寛大。愛ある行動や発言。共感力。人の役に立ちたいと考える。心を伝えられる。満足している。簡単に瞑想に入ることが出来る。
過剰活性している人 他者の負の感情を吸収(シンクロ、共鳴)。独占欲。条件付きの愛(ステータスなど)。愛すべき相手を所有物のように扱う、感じる。愛の押し付け。

>>7つのチャクラTOPに戻る

viśhuddha-cakra 第5チャクラ(ヴィシュッダ・チャクラ)

喉仏の下、または首の付け根のほんの少し上辺りにあり、「コニュニケーション」に関わる重要なチャクラです。第五チャクラのコミュニケーションは単なるお喋りのようなものではなく、自分の感情、意思や考えを伝えるための感情表現や自己表現という形のコミュニケーションを意味します。このチャクラは7つのチャクラの中で唯一、100%「相手」が関わってきます。第1〜第4のチャクラで培ってきた”自分”をやっとこのチャクラで誰かに伝えることができます。また、このチャクラは「以心伝心」や「シンクロ(共鳴)」といったテレパシーのようなスピリチュアル能力を司ります。自分自身の心の声や、魂の声を聞き、自身と相談しながら本来の進むべき道を知ることができるチャクラでもあります。


活性の仕方・・・第1〜第4チャクラまでのバランスを整える、声を出す、好きな歌を歌う、思いを声に出して言ってみる、温かい手で第5チャクラの位置に触れてみる、本音を伝える。第5チャクラに対応しているマントラを唱える。対応しているソルフェジオ周波数を流す。対応している色の天然石(アクアマリン・ターコイズ・エンジェライトなど)をチャクラ部位に置く。

また、チャクラは回転しているため、お腹側にはエアリースパイラルクォーツの右水晶を、背中側には左水晶を置くのも有効的です(水晶は全てのチャクラに対応します)。


>>エアリースパイラルクォーツ(商品)はこちら

>>対応している色の天然石(商品)はこちら


意味 清浄なる輪
別名 スロートチャクラ
位置 喉仏よりも少し下
花弁数 16枚
回転速度 第4チャクラより速い
マントラ Hum(フム)
音階
青色、水色、青緑色
活性に効果的なパワーストーン 水色、青、青緑色系のパワーストーン
活性に効果的なソルフェジオ周波数 741Hz、141.27Hz、192Hz、384Hz、768Hz
肉体 喉、甲状腺、副甲状腺、気管、歯、口、首、食道、声帯、扁桃腺
キーワード 意思、知識、創造性、自己表現、表現力、判断力、問題の解決力、コミュニケーション
不活性な人 自己表現できない。頼りない。考えが矛盾してる。コニュニケーションがとれない。他人に影響されやすい。意思を伝えない。意見できない。
活性している人 心を伝える。意思を伝える。自分の気持ちに正直なコミュニケーションが上手くできる。相手を想った発言ができる。他人を心から元気付ける、笑顔にできる言葉を発する。簡単に瞑想に入ることが出来る。 言葉の影響力を知っている。相手が上手く伝えられない事柄もすんなり察する。
過剰活性している人 口数が多すぎる。おしゃべり。上辺だけの会話(噂話など)。独断的。独りよがり。傲慢。人の話を聞かない。

>>7つのチャクラTOPに戻る

ājñā-cakra 第6チャクラ(アージュニャー・チャクラ)

眉間のほんの少し上辺り、「第三の目」の位置にあるように、いわゆる「第6感」と呼ばれる感覚を司ります。肉眼で見ることができない”真実”や”本質”を見たり、インスピレーションや洞察力などに関係するチャクラです。
第六チャクラの花弁数は一般的に2枚とされていますが、96枚とされる文献もあります。”夢”も第六チャクラの領域とされ、予知夢や正夢、デジャヴなどがあります。また、瞑想中やヒーリング中などのリラックスしている時に「丹光(たんこう)」というさまざまな光を見たり、オーラやオーブ、プラーナや氣を見るのもこのチャクラが関係します。第六チャクラが活性することでビジュアライゼーションが磨かれ、具体的にビュジュアライズ(想像)することで夢を実現したり、欲しい物を引き寄せる速度が速まります。第6チャクラを正常に活性化させるには第1〜第5までのチャクラがある程度までバランス良く活性、または全て正常に活性化されていることが条件となります。仏や如来などの眉間辺りに「白毫(びゃくごう)」という丸いものがあり、これは右巻きの渦状になった白く長い毛とされていますが、もしかしたらこの白毫は第6チャクラを表し、細めている目は肉眼で見ているのではなく第6チャクラを通して物事を視ているのかもしれません。


活性の仕方・・・第1〜第5チャクラまでのバランスを整える、リラックスする、考え事をやめる、瞑想する、無になる、ボーっとする、直感を信じて行動してみる、なりたい未来を具体的に想像してみる。第6チャクラに対応しているマントラを唱える。対応しているソルフェジオ周波数を流す。対応している色の天然石(ラピスラズリ・サファイア・アメジストなど)をチャクラ部位に置く。

また、チャクラは回転しているため、お腹側にはエアリースパイラルクォーツの右水晶を、背中側には左水晶を置くのも有効的です(水晶は全てのチャクラに対応します)。


>>エアリースパイラルクォーツ(商品)はこちら

>>対応している色の天然石(商品)はこちら


意味 知覚、教令、教勅
別名 ブラウチャクラ、サードアイチャクラ
位置 眉間の少し上、第三の目がある場所
花弁数 2枚(96枚が二つに分かれている記述有り)
回転速度 第5チャクラより速い
マントラ Aum(オーム)
音階
藍色、青紫色、ロイヤルブルー
活性に効果的なパワーストーン 藍色、青紫色、ロイヤルブルー系のパワーストーン
活性に効果的なソルフェジオ周波数 852Hz、221.23Hz、144Hz、288Hz、576Hz
肉体 脳・頭蓋骨の下部、神経系、脳下垂体、視床下部、海馬、自律神経節、感覚器官、副鼻腔、目、耳、鼻・内分泌腺
キーワード 鋭敏な感覚、知性や精神の成熟、直感力、覚醒、決断力、芸術、洞察力、意志、第六感、サイキック能力、学習、完成、成功、評価、判断力、霊感、制御、真実、思考、スピリチュアル、知恵、アイディアやイメージ、ビジョン、夢、記憶、想像、視覚、理性、透視、発明
不活性な人 無規律。成功を恐れる。分裂気質。目標設定が低い。 効率的な計画が立てられない。理解力の欠如。
活性している人 カリスマ性がある。直感力が強い。物質的なものには執着しない。知識欲がある。理性と想像力のバランスが取れる。美や芸術に心を開く。本質を見抜く。上辺の情報に惑わされない。超常現象を体験する。未来を見据えた計画を立てる。
過剰活性している人 理論的。独断的。権威主義。傲慢。頭でっかち。現実離れ。思ったことをそのまま発言&行動(無計画)。考えていることと行動が伴わない。

>>7つのチャクラTOPに戻る

sahasrāra 第7チャクラ(サハスラーラ)

頭頂のほんの少し後頭部に寄った辺りにあり、宇宙との繋がり、高次の存在との繋がりを司っているチャクラです。図ではラッパのような形で表していますが、多くの情報では”1,000枚の花弁を持つ蓮のような形”をしているとされており、大きなお皿のような形、または外側の花弁が頭頂から垂れ下がり、頭を被っているような形になっていると言われています。この1,000枚の花弁は体中に張り巡らされているナーディが集結したものだという記述も見かけます(972本のナーディという説もあります)。大仏の頭が「螺髪(らほつ)」という右巻きの渦巻き状のパーマのように見えるのはもしかしたら頭頂から垂れ下がるナーディを表しているのかもしれません。ナーディは螺旋を描くようにエネルギーを吸収するのでそれが渦巻き状に見えていたのかもしれません。
また、天使やイエス・キリスト、聖母マリア、仏陀や如来などの高次の存在や聖人の頭付近にある”光輪”もこのチャクラを表したものと思われます。第7チャクラは天からのエネルギーを直接吸収したり、肉体を持ったまま高次の存在同様の力を持つことができたり、また、多くの情報を集めるアンテナのような役割をも持っています。ただし、第1〜第6までの全てのチャクラが正常に活性していない状態で第7チャクラを活性化させると、自然と集まる情報の多さで混乱を生み、精神や肉体が壊れてしまうとされていますので全てのチャクラをバランス良く活性させることをオススメ致します。


活性の仕方・・・第1〜第6チャクラまでのバランスを整える、心身を浄化する、自身を認める、感謝する、誰にも悟られずに”良いこと”をする、頭頂に光が差し込んでいるイメージをする、頭頂から天に引っ張られるイメージをする、第7チャクラに対応しているマントラを唱える。対応しているソルフェジオ周波数を流す。対応している色の天然石(チャロアイト・ルチル水晶・ミルキークォーツなど)をチャクラ部位に置く。

また、チャクラは回転しているため、お腹側にはエアリースパイラルクォーツの右水晶を、背中側には左水晶を置くのも有効的です(水晶は全てのチャクラに対応します)。


>>エアリースパイラルクォーツ(商品)はこちら

>>対応している色の天然石(商品)はこちら


意味 1000枚の花びら
別名 クラウンチャクラ
位置 頭頂部
花弁数 1000枚(972枚という記述有り)
回転速度 速い
マントラ Om(オム)
音階
紫色、金色、白色(もしくは光)
活性に効果的なパワーストーン 紫色、金色、白色系のパワーストーン
活性に効果的なソルフェジオ周波数 963Hz、172.06Hz、216Hz、432Hz、864Hz
肉体 大脳皮質、皮膚、内分泌腺、松果体、頭蓋骨上部、脊髄、神経系
キーワード 自己を超越、超能力、超感覚、宇宙や神との一体感、高次元、宇宙意識とつながる、運命、宿命、直感、自由意志、天運、強運、引き寄せの法則、霊性、直観、宇宙意識
不活性な人 無規律。成功を恐れる。分裂気質。目標設定が低い。自分の居場所が無いように感じる。決断ができない。常に疲れている。
活性している人 カリスマ性がある。直感が強い。物質的なものには執着しない。 超常現象を体験する。全てを信頼できる。安らかで穏やかな心。 優しく思いやりがある。魅力的な人柄。
過剰活性している人 理論的。独断的。権威主義者。傲慢。病的。躁鬱気質。実力を出し切れない不満足感。フラストレーションが溜まる。自分だけが特別と思い込む。自分が正しく、世の中全てが間違っていると常に思っている。

>>7つのチャクラTOPに戻る

SHOP INFORMATION

お問合せ

isidama140@isidama.com

営業時間

土日祝祭日を除く11:00〜19:00

※インターネットでのご注文は24時間無休です。営業時間外のご対応については翌営業日になりますのでご了承ください。(営業時間外、またお休みの日でもご対応できる時はいたします。)


返品期限

不良品の場合、必ず到着後7日以内にメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。お客様のご都合による返品はお受けしておりませんのでご了承下さい。詳しくはこちらをご覧ください。

お支払い方法

銀行振り込み・ゆうちょ振替・商品代引きの中からお選びいただけます。詳しくはこちらをご覧ください。


送料・配送方法

全国一律400円〜。10000円・15000円以上お買上げで送料無料です。ゆうパックのみ時間指定可能です。

可能指定時間帯

ただし時間を指定された場合でも、事情により指定時間内に配達ができない事もございますのでご了承下さい。詳しくはこちらをご覧ください。


Copyright © 2010 isidama All Rights Reserved.